スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碁石コンビ。

 6月に、生後1か月半でわが家に来たチーチーは、すでに生後6か月を過ぎ、早くも避妊手術をクリア。
 最初、サビ柄みたいだったポヤポヤ仔猫は、つややかな毛皮を誇る黒猫に成長した。


ねぇ 遊ぼうよチーチー
いやっ☆ なんか 走りにくいし っていうか走りたくないの今夜は





 たったひと晩おとなしくしたら、次の日からパワー復活。

 包帯を口にくわえて引っ張りながら狂ったように走り回り、あらゆるものに激突するため、
「傷口が開くかもしれない危険性より、間違いなくストレスのほうが大きい(>_<)」
 と判断し、術後二日目にして包帯を取ることにした。

 結果的には傷もきれいなままで(ほっ)、抜糸も済ませたやんちゃ猫は、手術の行き帰りに車で絶叫したのを機に、だみ声でぎゃーぎゃー鳴く癖もついてしまったが……

 新入りのアイスくんとつるんでは、さらにイタズラに磨きをかける日々。

 本当のところは、アイスが来たときは「チーチーが来たばかりなのに……」という気持ちがあった。
 でも反対に、歳が近いせいか相性もいいのか、二匹で遊びまくる姿に、「こういう展開になったのか~よかった!!」と予想以上のバランスのよさに嬉しくなっているところ。

 しょっちゅう一緒にいるため、白と黒が混じり合って、二匹は碁石みたいに見える。


アイス 鼻緒もかじりやすいでしょ
アタシはそれ いつか噛み切るつもりだけどね





んがんが
アイスも力をつけてきたわね





 大暴れしたあとは、二匹ですやすや。


なめてあげるね アイスはまだちびっこだもん




 アイスくんも日々精進ちう。


あらアイス この前まで窓枠には登れなかったのに
少しずつアタシたちの聖域に食い込んできたわね





 それどころか、片目が不自由なくせに、諸先輩方の真似をしてキャットウォークにも登りはじめ、ついにステップまで(おそるおそるだけど)進出。


ねぇ風 どうやって下りるの
下のデスクって? 見えないんだもん飛べないんだよ





 来訪者があると素早く姿を消す諸先輩方に対し、ある程度はもてなしにも積極的!


風の甥っ子だって?
オレがお相手して 一緒に遊ぶしかないじゃろ





 そんなところで、多頭飼い街道爆走中の現場レポートを終わります
スポンサーサイト

末っ子の法則。

 6月中旬にわが家に登場したニューフェイス、チーチー。

 とことん明るい性格で、みんなにうるさがられてもびくともせず、日に何十回も、諸姉兄がたのしっぽを仮想敵に見立ててがぶりとやる。


ふふっ☆
アタシにかじれないしっぽなんてないのさ





 そこでにわかに重要なポジションを占めたのが、それまで、わが家でいちばんの乱暴者で、いっさい空気をよめず、さらに人がご飯を食べているとどうしてもそれを横取りしたくなっちゃうという迷惑DNAの持ち主、大ちゃん。

 どうしたものか、チーチーは「大ちゃんってすごい! めっちゃ高く飛べるし、ご飯はもりもり食べるし、力持ちだし、いつも遊んでくれる。素晴らしい先輩っ」と誤解(?)したまま、弟子入りしてしまったのである。


いいかなチーチー 相手がこう来たら、飛びかかる! つねに攻撃あるのみ いいね
アイアイサー





ねぇ 大ちゃん
ん? なぁにチーチー
こうしてると楽しいね
ん そーだね





 ひそかに、にゃん吉に弟子入りしてくれたらクールなツンデレ猫になると期待していたわたしだったのだが、こればっかりはわからないものね〜。


ちびにいちいちつき合ってたら バテバテになっちゃうわよ
すべて大ちゃんに任せたわ





大ちゃん アタシね お腹ぺこぺこ
また? 風まだ帰ってこないから我慢しなよね





 思い起こせば、ラクはにゃん吉になつき(ま、一匹しか先輩はいなかったかけど)、タミちゃんと大ちゃんはラクになつき、今度はチーチーが大ちゃんを選んだ。

 順番といえば順番かもしれないが、相性もあるようだ。
(たとえば、最初タミちゃんはチーチーに怒りっぱなしだったしね)


あれっ チーチーを待ち伏せしてたのに
疾風のごとくスルーされたな ちぇっ





 それから、末っ子はだいたい好き勝手し放題なのが、舎弟ができたとたん(程度は違うけど)おとなしく、やさしくなる。

 この末っ子の法則が、大ちゃんにも適用されるかどうかが懸念だったわけだが(誰の? ってわたしのか)、やっぱりそうだった。

 あの大ちゃんが、目に見えて温厚になっているのだ……。

 末っ子の法則はすごいなぁ。

 あの乱暴者の大ちゃんを「お兄ちゃん」にさせるなんて、チーちゃんも素晴らしい。


 と、そうこうするうちに3日間のお盆休みも終わり……。

 今まで、即席麻婆豆腐(下の写真)くらいしか作らなかったけど、急にスイッチが入ったから、これから楽しくお料理開始♪

 皆さまも、よいお盆を。


ありあわせ料理、わが家トップ5に入るのが麻婆豆腐
今回は豆腐が硬かったので、塩水でさっと茹でてから使ったら、ツルリはふはふ





あっという間に。

 つい先日の父の日に、わが家に来たばかりのチーちゃん。

ハロゥ♪



 轟くボリュームで鳴きわめいていたのは隔離されていた間だけで、ノミがいなくなってからは可愛い声で仔猫らしく話すようになった。

 みんなのうしろを追いかけては、しっぽを敵に見立ててか、ガジガジしたり両手でつかもうとしたりするから、そんな気分でない猫はさっさと逃げ出す。

 でもチーちゃんは意にも介さず、好きなように歩き回っているようだ(^^;)

 そんなこんなで、あっという間に市民権を得た感じなのである(笑)。


大ちゃん ねぇ大ちゃんってば
アタシね 追いかけっこしたいの





眠くなっちゃった このちっちゃなハンモックいいわね
アタシの寝床に指定しちゃうよ





今日はもう一段登れたわ♪
爪とぎをよじ上ればいいのね フムフム





 面白いことに、4匹のなかで、チーちゃんにもっとも根気よくつき合うのが大ちゃんなのだ

 実は隔離が終わった初日、全員に順番でえさを出したところ、腹ぺこKYガールのチーちゃんは、うなり声を上げて大ちゃんのえさ皿に文字通り突進
 さっくり横取りして食事を済ませた。

 大ちゃんがにゃん吉その他すべての猫にしてきた横暴を、チーちゃんがあっさり大ちゃんにやってしまったのだから、よっぽど怒るかと思ったら……。

 大ちゃんは何もできず、呆然と立ち尽くしていた(≧▽≦)

 それ以来、一目置く(?)ようになったのか、大ちゃんはことのほかチーちゃんに優しいのだ(笑)


あっ大ちゃん アタシの挑発にうかうか乗ったわね
(ホントは、大ちゃんがあえて相手をしてやっているんだけど
やってやろうじゃないの えいえいっ





 で、ひとしきり暴れたらまたもや……。


なんか眠くなってきちゃった
ラクちゃんいたんだ……zzz……







 大ちゃんがチーちゃん番になったのが気に入らないのか(真意はわからないけどね)、4匹の中でチーちゃんをスルーする率がもっとも高いのが、わが家の誇り高き三毛、タミちゃんだ。


アタチが寝ているときでもしっぽかじるし
チーチーったら困ったものでつ☆ 空気読みなさいっての





 そういうタミちゃんも、わたしが座ろうとした椅子を、つねに先取りして占領するのはいかがなものかと思うけどね……


 ともかくも、チーちゃんのおかげで、各猫の新たな一面が見えてきて、抱腹絶倒の日々です

びっくりしたよ、もぅ。

 皆さん、コンニチハ♪

 オレのこと覚えてる?
 ラクです。






 あのね、風がブログを放置してるあいだに、大変なことが起こっちゃったんだ。


 風は、お世話になった人から、あることを頼まれた。

 風がイヤって言えないことと言えば、わかるよね。
 猫がらみだよ

 その人の知り合いんちで仔猫が4匹生まれて、里親さんを探してたの。

 風は「うち、もう4匹もいるから絶対に無理!」って断ったつもりらしいんだけど、最初から猫好きを見込まれてのことなんだからさ……


 結局「どうしても里親さんが見つからなかったら検討してもいい」って言っちゃった。


 で、うちに、ちっちゃくて(生後1か月半で600グラム)、うるさくて(こんなに声の大きな仔猫に会ったことないよオレ)、いっときもじっとしていないチビが連れてこられたってわけ。






 「見てから決める」って約束だったのに、譲渡主さんてば2匹連れてきて「どっちにします?」なんて言うんだもん

 風が「どちらもお帰りください」って言うわけないよ……

 見た瞬間、うちに来たほうを「こっち」って閃いちゃったみたいだし。


 ところがね、譲渡主さんが帰ったあと、風がヘルスチェックをしてみたら……

Σ( ̄□ ̄;)

 チビちゃんには、ノミがうじゃうじゃ付いてたんだ。


 あわててお湯に入れて洗いまくったら20匹くらい出てきたけど、身体にはまだたくさん付いてて、クシで取れるような数じゃない

 近寄ろうとしたオレたちは「ダメ!!」って怒られ、すぐにチビちゃんはケージに戻されて隔離になったんだ。


 チビは怒り狂って、ひと晩じゅう「出せったら出せー」って叫び続けた。
 普通の仔猫みたいなかぼそい声じゃない。
 まるで腹式呼吸でボイストレーニングをたたき込まれたオペラ歌手並みの声量。
 何時間叫んでも、ちっとも枯れないし

 しかも、ものすごい根性で(ここは大ちゃんに似てるね)、ケージの目がゆるいところを探し当てて脱走するわ、キャリーに入れられればストッパーを壊して出てくるわ。

 風もオレたちも、ちっとも寝た気がしなかったよ……。


 さて、ようやく病院に行けたチビ。
 ノミが多くて「この状態で1、2週間も放っておいたら、仔猫なら貧血で弱って死ぬ」って(>_<)
 チビのベロの色は、血の気のない白っぽい色になってたんだって。

 ドクターに「この子は風さんちに来て、命拾いしましたよ」って言われたらしい。

 ホントは風、この時まで「もらうと決定したわけじゃない」って思ってみたいなんだけど、ドクターの言葉で、「この子の命を、責任持ってつながなくちゃ」って決心したんだね。


 ともあれ、チビは仔猫用のフロントラインスプレーで、オレたち4匹も持ち帰った薬で処理してもらってから、隔離が解けてやっとボリュームMAXの叫びも止んだ。

 静けさのありがたかったことったら!






 最初、階段は全然登れなかったチビ、しばらくしてようやく一段クリア。
 なのにその1、2時間後にはとっとこ登り始めたから進歩が早い。






 家じゅうを探検して、みんなにフーシャーされても、全然平気なんだもん

 来てから3日目が終わる頃には全員と鼻ペトの挨拶も済み、4日目の今日は、一緒に走って遊んだりしてるよ

 風はと言えば、「ノミの卵や糞が散らばってるから」って毎晩遅くまでかかってお掃除ばっかりしててバテバテみたいだけど、すごく楽しそうだよ。



 そうだ、チビちゃん(女の子だよ)のお名前なんだけどね……。

 父の日に来たからって、「チーチー」か「チーちゃん」って呼ばれてるの。
 逆算(?)して、本名は「千恵子」って言うらしいよ。ジャパネスクでしょ


 お仕事から帰ってきた風が「チーチー」って呼ぶとぴょこんって出てきて、風にくっつくんだ。
 大ちゃん以上の甘えんぼだよ



にゃん吉、膀胱炎に(ToT)。

 このところ、新しいタイムテーブルに突入し、毎朝5時起きという生活になった

 猫的には、本来はちょうどよく、朝の走り込み→ご飯→トイレ→風のお見送り、って感じだと思うんだけど……。

 これまでずーっと朝はゆっくり、お昼も一緒にいて、午後出勤、そして帰宅が23時、ってな時間割だったせいか、朝起きるのがつらそうなのである(笑)


オレね 毎朝5時前になったらね
必ず風のお顔の左側に行って寝ることにしたの

201203080905001.jpg
【なぜか朝だけ、わたしの顔の必ず左側に
ぴとっとくっつくようになったラクなのです





 生活激変のストレスなのか、大ちゃんがまずトイレ問題再発のきざし。

 早朝、トイレ脇でしょんぼりしている姿を見たため、脂汗をかきながらお腹を押してやっていたら、なんとにゅるんと結石が出たので、心底ほっとした。

 大ちゃんはストラバイト結石の持病があるので、病院で、

一、食べ過ぎないこと。
一、運動すること。
一、えさの種類は1、2種類に限定し、飽きようが食べまいが、それだけを死守して与えること。

という厳命が下っている。
 それは守っていたんだけど、このところの時間割変更で、タミちゃんやラクがぼーっとしていると、すかさず横取りして2、3人前食べていたのだと思われる


はい その通りでつ
大ちゃん アタチのご飯も全部食べちゃったことありまつよ

201202251048001.jpg



 そこでほっとしたのもつかの間、今度はにゃん吉がおかしい。

 トイレの回数が多い。
 時間が長い。
 トイレあとをチェックすると、尿の量が少ない。

 猫のメスは、尿管が詰まることは非常に少ないとのことだから、少しは救われるが……。
 ネットで調べてみたところ、おそらく膀胱炎だろうと思われる。


どうしてかしら 何度もトイレに行きたくなっちゃう
おかげでいいにおいだったアタシのお腹は 猫砂のにおいになっちゃったんですって

201203100932001.jpg


 しかし、これまた時間割変更により、昼間の自由時間がなく、病院に行けるのは最短で週後半。

 にゃん吉の様子がさらにおかしくなれば、無理矢理に仕事など休んでしまうつもりだけど……。

 元気だし、食欲はあるし、遊びは催促し続けるし、なので、たぶん少しだけ持つはず☆

 ごめんね、にゃんず

 こんなに愛してるのに……。


仕方ないよ風 だいじょぶだよオレたち
がんばって早起きしよね オレもつきあうから

201203100936000.jpg


 期間限定だから、一緒にがんばろう。



» Continue Reading

プロフィール

風の宝瓶宮

Author:風の宝瓶宮
 20年以上暮らした関東から撤退し、瀬戸内海近くに移住。

 あるときから美しいノラ猫が家にいりびたるようになり、猫界のためと不妊手術を受けさせてから家猫となる。
 性別がわからないまま「にゃん吉」と呼び習わしていた、実はメス猫(現在4歳)と同居しています。キジトラ白なのかサバトラ白なのか微妙な黒茶の背中と長いしっぽが目印。

 その後、里親募集にて生まれて2か月弱のオス(現在3歳)が隣県から来てくれました♪ トルコのお酒、Raki(”ライオンのミルク”)から名づけて「ラク」。薄い茶トラ柄と金色の瞳の持ち主です。

 懸念の”先住猫 vs 新入り問題”はたった3日で解決、なんともラブラブな2匹となりました。

 2010年夏、現れたのが多美ちゃん(メス)と大ちゃん(オス)の双子台風。
 まず、里親募集の三毛猫ちゃんの写真に一目惚れ。お見合いをしたところ、天性の”人たらし”大ちゃんのオーラにもヤラレてしまい、2匹まとめて来てくれることに (≧▽≦)
(現在2歳。とあるドラッグストアに捨てられていた兄妹を保護主さんが引き取ってケアをし、「肉球生活向上委員会 With Wan」さんの仲介でわが家へ)。ちなみに多美ちゃんが三毛ちゃんで、大ちゃんはサバトラかな。

 あれよあれよという間にちびっこギャングのペースに巻き込まれた先住猫たちとは、なんと正味10日くらいでなめあう仲になっていました♪

 これでわが家の里親計画はひとまず完了……のはずが、断りきれない人づてに、2012年6月17日に、サビ以上黒未満の微妙柄のお嬢さんが登場。2012年4月末生まれで、現在2か月。
 父の日に来たからチーちゃん(またはチーチー、本名・千恵子)と名づけられました♪


☆このサイトはリンクフリーです
ご連絡不要です

☆商用目的での文章・画像の転載・複写はご遠慮ください

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ぼしゅうして〼 @町田
町田にゃんず 応援ちう
ねこしゃんしゃん3
ぼしゅうして〼
あなたならどうする
いつでも里親募集中
ブロとも一覧

shiromedakaちゃんGO!GO!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りサイト♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。