スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜を洗って驚いた!

 いくらポジティブにと言ったって、根拠のない「大丈夫、大丈夫」では、軽すぎる。
 最悪の事態への気持ちの準備をしながら、明るく、プラス思考で生きることが大事。
 それが再生・復興のチカラにもなると思う。

 たとえば、自分の住んでいるところに大地震・大津波が来るときのことを考え(絶対来ない、なんていう場所は日本にないのだから)、いざとなれば猫たちをひっつかんであっちに避難、と想定しながら暮らす。
 放射能が流れてくることに備えて(海も空も、福島と続いているのだから)、自衛を考え、免疫力アップを続けながら暮らす。放射性物質がくっついた肺や、甲状腺などに異常が出るとすれば、何年か先なのだからね。

 どんな悲惨な状況でも生き抜かなくてはと思う。
 生きるのが辛い、死ねば楽になる、なんて間違っている。
 死ぬことも生の一部。生と死、セットで務めなくては。
 向こうに帰るまでは全力を尽くすこと。
(自分への覚え書き)


猫は 生きる。死ぬまでは生きる! 当たり前じゃん
みんなそうかと思ってた

201103272028000.jpg
【ありえない方向に首がある大ちゃんにもびっくりです



 震災で、自分の身体を自分でつくる大事さを再確認したことから、ひとつ新しいことを試してみた。

 野菜洗浄剤

 無農薬とか自然栽培の野菜ばかり手に入ればいいけれど、なかなかそうもいかないので、スーパーで買い物をしますわね。
 野菜については、「農薬やワックスがじゃんじゃん使われているんだろうなぁ」と思いながらも、仕方ない。
(じつは以前、茨城の農家の人と話していて、「市場に出すキレイなやつは、家では食べないよ。安全
基準を満たしていても、農薬漬けの野菜は恐ろしいから……」という本音を聞いたことがあるのだ


 前々から「貝類のカルシウムを使って、野菜の残留農薬やワックスを除去する」というものを自然食品屋などで見かけて、何度か買っていた。

 しかし……それほど危機感がなかったときは、「これはいい!」と思っても日常生活に組み込めないもので、赤ちゃんがいる知り合いに上げたりして、結局自分では、一度も使ったことはなかった。

 それが今回、「地震、津波、放射能が来ても何とかなるような身体を作らなくちゃ」という気持ちが持続するようになり、数か月も前に買っていた「安心やさい」という製品(ほかにも「ほたてdeキレイ」とか「元気!おやさい」とか何種類もある)を使うことにした。


そう かいでみたけど かるしうむって
さほどいいにおいじゃないよねぇ

201103241542000.jpg


 ホッキ貝の貝殻のカルシウムの粉のアルカリ性で、毒物を除去する働きがあるという。

 使ってびっくり。

 粉を水に溶かして、普通に買った根菜類や葉ものなどを漬けてみると……。

 みるみるうちに水が黄土色になり、ワックス?みたいな光るもの、ドブ川に浮かんでいるような固まった泡のようなものが表面に出てくるではないですか(>_<;)

 お米も洗えると書いてあったので、もらい物の白米を漬けてみた。
 肥料も農薬も使わない自然栽培の、佐藤慎一さんのスバラシク旨い玄米に出合う前のが、まだあるのよね。

 そうしたら数秒で、水が見るも恐ろしい黄緑グレー色に変化した。

 げぇ~(T◇T)
 今まで、こんな付着物を食べていたのか……
 すごいショック

3月31日追記
【比較のために、自然栽培の玄米を「安心やさい」につけてみたが、水の色に変化はなかった。
当然、黄緑グレー色になんて全然! やっぱり”普通の”栽培法は、農薬たっぷりらしいのがわか
りました  減農薬などですらない普通の玄米なら、野菜洗浄剤で洗うことを勧めたい。】


 ともあれ、説明書に書いてあったように、野菜は10分弱漬けたら、使うもの以外、水を切ってそのままビニール袋に入れて冷蔵庫へ。
 お米は10秒ほど漬けたあと、普通にといで炊いた。

 すると、炊きあがりがなぜか、ツルツルぴかぴかになって、いつもより美味しいのだ。
(出来上がりの味まで変わるとは思っていなかったので、かなりびっくり)

 味噌汁に入れた小松菜は、スーパーの野菜では未経験のシャキシャキ感があり、これも、いつもよりずっと美味しい。


このときのランチメニュー
ごぼうとジャガイモのカレーライスに お豆腐と小松菜のお味噌汁

201103281412001.jpg


 う~ん、実はこういうの「健康にいいものだから、美味しいのよ」的、思い込み半分じゃないかな~と思っていたが、わたしが間違っておりました m(_ _)m
 本当に、料理まで美味しくなります。
 野菜についている化学物質が取れて、しかも美味しくなるということで、何も文句はありません。
(いや、取れるから美味しいのかな)
 ともかく、これからは愛用することに決定~☆

 放射性物質も、花粉みたいな小さな粒だというのだから、こういうので、ある程度は除去されるのじゃないかなぁ。カンだけど。

 このときまとめて洗ったなかの二十日大根を見ていたら「せっかくだから、生で食べんにゃのぉ」と思い、ふと思いついたソースをご紹介。

 味噌とプレーンヨーグルトを適量、よーく混ぜる。
 以上!
 発酵物同士けんかはしないはず、と思ったのよね
 簡単ソースなのに、これがまた予想外の美味しさ!

 味噌の深みのある香りにさわやかな酸味が加わって、ほどよい甘さに落ち着いて……。
 (わたしは入れなかったけど、甘味噌にしたい人は、砂糖やみりんを入れてもいいかも?)
 気になるかと思ったヨーグルトくささは、ゼロ。
 みなさまもよかったらお試しください(^^)/


かわいい二十日大根、葉っぱもガブガブいきました☆
201103272123000.jpg



☆ ☆ ☆ ☆ ☆

<お願い>
町田の猫たちが路頭に迷わないように、応援中。

この猫たちは、6月末日に、住んでいる家を退去させられます。
里親さん探しに期限ができてしまいました。

どうかご協力ください。

しっぽの生えた天使からのSOS


adaptbana02.jpg


この件、こちらでも里親さん探しに活動中です。
ねこしゃんしゃん3

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

スポンサーサイト
プロフィール

風の宝瓶宮

Author:風の宝瓶宮
 20年以上暮らした関東から撤退し、瀬戸内海近くに移住。

 あるときから美しいノラ猫が家にいりびたるようになり、猫界のためと不妊手術を受けさせてから家猫となる。
 性別がわからないまま「にゃん吉」と呼び習わしていた、実はメス猫(現在4歳)と同居しています。キジトラ白なのかサバトラ白なのか微妙な黒茶の背中と長いしっぽが目印。

 その後、里親募集にて生まれて2か月弱のオス(現在3歳)が隣県から来てくれました♪ トルコのお酒、Raki(”ライオンのミルク”)から名づけて「ラク」。薄い茶トラ柄と金色の瞳の持ち主です。

 懸念の”先住猫 vs 新入り問題”はたった3日で解決、なんともラブラブな2匹となりました。

 2010年夏、現れたのが多美ちゃん(メス)と大ちゃん(オス)の双子台風。
 まず、里親募集の三毛猫ちゃんの写真に一目惚れ。お見合いをしたところ、天性の”人たらし”大ちゃんのオーラにもヤラレてしまい、2匹まとめて来てくれることに (≧▽≦)
(現在2歳。とあるドラッグストアに捨てられていた兄妹を保護主さんが引き取ってケアをし、「肉球生活向上委員会 With Wan」さんの仲介でわが家へ)。ちなみに多美ちゃんが三毛ちゃんで、大ちゃんはサバトラかな。

 あれよあれよという間にちびっこギャングのペースに巻き込まれた先住猫たちとは、なんと正味10日くらいでなめあう仲になっていました♪

 これでわが家の里親計画はひとまず完了……のはずが、断りきれない人づてに、2012年6月17日に、サビ以上黒未満の微妙柄のお嬢さんが登場。2012年4月末生まれで、現在2か月。
 父の日に来たからチーちゃん(またはチーチー、本名・千恵子)と名づけられました♪


☆このサイトはリンクフリーです
ご連絡不要です

☆商用目的での文章・画像の転載・複写はご遠慮ください

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ぼしゅうして〼 @町田
町田にゃんず 応援ちう
ねこしゃんしゃん3
ぼしゅうして〼
あなたならどうする
いつでも里親募集中
ブロとも一覧

shiromedakaちゃんGO!GO!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りサイト♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。