スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レモン日和。

 無農薬のレモンを少し手に入れたので、塩漬けにして、ゆくゆくは(熟成に時間がかかるので)ピラフやシチューなどの洋風料理に使おうとホクホク♪

 中に、「こんな残り物のレモンを、皆さんで分け合ってます」と、皮が黒くなっていたりするのがいくつか混じっていたので、生で何かやってみようと考えた。

 冷蔵庫にあるのは、ちりめんじゃこと、傷ものでセールになっていたマッシュルーム。
 お昼はそれで炒飯にしようと思っていたのだが、レモンはどうしよう。たっぷり使ってみたいし。

 マッシュルームはけっこう多い(し、早く使わないと傷んでしまう)ので、いくつかはスライスして、あとは小さく刻む。
 ちりめんじゃこは、もちろんそのまま。
 レモンの皮は、固くなっているところはよけて、細かく刻んでみた。いい香り!!

 ざっくり炒飯を作ってから、最後にレモンの皮を入れて混ぜる。
 ちりめんじゃこの塩気をやわらげるために、火を止めると同時くらいに、レモンの中身もジュウッと絞って、寛大な量を入れてみた。


ふふっ 地味なルックスだから
なんてことない炒飯だと思うでしょ~

201102081434000.jpg
【細かく刻む、というのが基本的に
ヘタなので、あろうことか、大きめ
の黄色が見えたりしております



 なんとこれが大成功
 瓶入りのレモン果汁なんかとは全然違う、初夏を思わせるさわやかな風が、口から鼻に抜けていく。
 生だから苦みがあるかと思ったけど、それは全然なくて、気持ちが明るくなるような味わい。
 おお、無農薬レモンさん! 何と言う実力。ありがとう~♪


レモンっていうかー みかんもだけどね あの酸っぱいにおい
オレ苦手 お目目がシュッと小さくなっちゃうの

201102070908000.jpg
【うん ラクはお目目しぼんじゃうよねぇ でね お布団の
真ん中をタミちゃんと二人で占領していると 中に入れな
くて 端っこで寝るしかないんだけど どう思う?】



 時間は経過して、遅出の日なので、帰宅は夜の11時。
 もう食事という気分でもないのだけど、やっぱりお腹がすいたので、「そうねぇ~スープでも作りますか」と、豆腐と小松菜という、定番コースにしようとしていたのだが……。

 ふと見ると、昼間大活躍したレモンの残骸(皮は削がれ、中身を絞られたあと)に気がついた。
 お風呂に入るときに入れて、香りを楽しもうかなと思っていたのだが、計画変更。

 豆腐と小松菜は続行するけど、それにトマトをざくざく刻んで入れ、酸味のあるスープにしよう。
 煮るときに、このレモンも一緒に入れてみよう。
(昼はほとんど加熱なしだったので、煮るとどんなものか、興味があった)


見かけは いつもとあまり変わらないんだけど(^^;)
食べると 大いに違ったのです!

201102082330000.jpg


 え……とびっくりするような出来あがりになった
 レモンが新鮮なせいなのか、苦みがなく、果汁を搾ったあとなのに、しっかり香りが立っている。
 トマトの甘みが引き立つ感じ。
 こんな素敵なスープ(←自画自賛)を一皿だけ作って食べるなんて、贅沢ねぇ~とひとりごちながら、赤ワイン(コノスルのオーガニック、カベルネ・ソーヴィニョン)を1杯だけ楽しんだ。


なんだか今日は つまみ食いしたくなるものあんまりなかったな……
あれ オレのお腹 枕にしてるねタミちゃん いいにおいだから?

201102052248000.jpg



☆ ☆ ☆ ☆ ☆

<お願い>
町田の猫たちが路頭に迷わないように、応援中。
一匹が膀胱炎になっているため、pHコントロールのドライフードが必要だそうです。
ご協力できる方がいらしたら、お願いします。

しっぽの生えた天使からのSOS

◯里親さん探しにもご協力ください◯

adaptbana02.jpg


この件、こちらでも里親さん探しに活動中です。
ねこしゃんしゃん3

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

素晴らしいわ

炒飯もすうぷも・・記事を読んだだけでスッと思った。
「これは間違いなくウマイぞ~」ってね♪
マッシュルーム&ちりめん&檸檬の皮&檸檬汁・・今、朝茶を飲んでるんだけどお腹が鳴ってますわ(爆)
夜中のすうぷも美味しそー
そうなのよね、酸味を利かせたすうぷは体にス~っと入って・・アタシも良く作るわ♪
よくぞトマトを入れましたわね!
風の宝瓶宮さまは、食のセンスがいいですねぇ・・

ノームさん

お褒めにあずかり、光栄です(^^)/
しかし照れます……!
このときは作ったものがみんな大成功で、嬉しい日でした。

酸味や甘みにしろ、何か特定の味(や、もの)が欲しいときは、身体の言葉に素直に従うのがいいみたいですね。
先日、人様にご馳走にあずかったところ、トンカツ三昧。
久しぶりでとても美味しかったのですが、量が多すぎて、2、3日お腹がもたれました(^^;)

メニューのほかに、量も大事だなーと思った次第です(笑)
プロフィール

風の宝瓶宮

Author:風の宝瓶宮
 20年以上暮らした関東から撤退し、瀬戸内海近くに移住。

 あるときから美しいノラ猫が家にいりびたるようになり、猫界のためと不妊手術を受けさせてから家猫となる。
 性別がわからないまま「にゃん吉」と呼び習わしていた、実はメス猫(現在4歳)と同居しています。キジトラ白なのかサバトラ白なのか微妙な黒茶の背中と長いしっぽが目印。

 その後、里親募集にて生まれて2か月弱のオス(現在3歳)が隣県から来てくれました♪ トルコのお酒、Raki(”ライオンのミルク”)から名づけて「ラク」。薄い茶トラ柄と金色の瞳の持ち主です。

 懸念の”先住猫 vs 新入り問題”はたった3日で解決、なんともラブラブな2匹となりました。

 2010年夏、現れたのが多美ちゃん(メス)と大ちゃん(オス)の双子台風。
 まず、里親募集の三毛猫ちゃんの写真に一目惚れ。お見合いをしたところ、天性の”人たらし”大ちゃんのオーラにもヤラレてしまい、2匹まとめて来てくれることに (≧▽≦)
(現在2歳。とあるドラッグストアに捨てられていた兄妹を保護主さんが引き取ってケアをし、「肉球生活向上委員会 With Wan」さんの仲介でわが家へ)。ちなみに多美ちゃんが三毛ちゃんで、大ちゃんはサバトラかな。

 あれよあれよという間にちびっこギャングのペースに巻き込まれた先住猫たちとは、なんと正味10日くらいでなめあう仲になっていました♪

 これでわが家の里親計画はひとまず完了……のはずが、断りきれない人づてに、2012年6月17日に、サビ以上黒未満の微妙柄のお嬢さんが登場。2012年4月末生まれで、現在2か月。
 父の日に来たからチーちゃん(またはチーチー、本名・千恵子)と名づけられました♪


☆このサイトはリンクフリーです
ご連絡不要です

☆商用目的での文章・画像の転載・複写はご遠慮ください

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ぼしゅうして〼 @町田
町田にゃんず 応援ちう
ねこしゃんしゃん3
ぼしゅうして〼
あなたならどうする
いつでも里親募集中
ブロとも一覧

shiromedakaちゃんGO!GO!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りサイト♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。