スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンサムな匙たち。

 木や土の道具が好きなので、自然と木の器やカトラリーには惹かれて、わずかずつ愛用品が増えている。

 あるとき、丹波の木の作家さんで難波行秀という人の作る硬派なスプーンを見つけて、一目惚れ(≧_≦)で、即買い。
 だが、使ってみると男前すぎて(例えるなら、要潤って感じ)、少し口につかえる感じだったので、「もうちょっとだけ短かったらなぁ」と思っていたら、作家さんがこころよく「削りましょう」と言ってくれたのでお言葉に甘え、ついでに「丸くて大きな、スープスプーンもあったらいいですね」と言ってみた。

 ちなみに、長さを1センチほども削って形を調整してもらったスプーンは、わたしにはとても使いやすい、気のおけない”弟”のような存在になった(^^)。


要潤の弟です
名前? 連太郎 とでも呼んでください

201103041246001.jpg



 さて、しばらくした頃……。
スープスプーン、作ってみました」と試作品が送られてきた。


比較のため 大さじと並べてみました
201103041251000.jpg


 形は絶妙で、まず、先端部分のカーブがすばらしい。
 皿に当たる角度がいいので、具がすくいやすいこと!
 また、口に入れたときの感触が繊細で、こまやかな計算がされているなぁと感心することしきり。
(これは、「さすが日本人!」と思った)


到着したとたん タミちゃんにかじられそうになり
あわてて救助しました

201103041249001.jpg



 ところが、わたしが「スープスプーン」とイメージするものよりも2まわりくらい小さく、浅いため、雑炊やカレーなどの粘度があるものは使いよくても、サラサラしたコンソメ的なものはちょっとしかすくえず、「幸せな感じがしない」と生意気なことを述べた。

 すると、時間が経ってから「これはどうですか?」と、今度は2種類の試作品が送られてきた。


一番右が 最初のスープスプーン
201103041254000.jpg


 前のよりも、1.5まわりくらい大きい。
 そして、匙のくりが微妙に異なっている。
 「印あり」(写真中)のほうが、浅い……というか、スプーン先端に向けて浅くなっている。
 「印なし」(写真左)のほうが、匙のくりが全体に深くて丸い。

 シチュー、お粥、雑炊、具沢山スープ、具の少ないスープ、果ては味噌汁までいろいろと試してみたが、2種類とも、前回より大きいこと+細やかな計算が生きていることで、どちらも使いよい

 違いといえば……。
 「印あり」が抵抗がなく、スープが口にするっと流れ込む。
 「印なし」は、全体に奥行きがあるぶん、口当たりが厚くなり、感触が少しごつくなる。

 大きくなったために容量が増えたので、さらに深くしなくても大丈夫みたい。


左が「印なし」/右が「印あり」
201103041255000.jpg




 というわけで……。

 個人的には「印あり」に軍配をあげたいと思う。
 生みの親の難波さんは、どう思われますか?


アタチとしては
最初のが かじりやすかった気がしまつよ

201102281403001.jpg


オレはね いくらかじりたくても
ちびっこたちに譲るから…風が好きなのでいいと思うな

201102261540000.jpg
【ユーレイポーズで眠るラクくん



☆ ☆ ☆ ☆ ☆

<お願い>
町田の猫たちが路頭に迷わないように、応援中。
一匹が膀胱炎になっているため、pHコントロールのドライフードが必要だそうです。
ご協力できる方がいらしたら、お願いします。

しっぽの生えた天使からのSOS

◯里親さん探しにもご協力ください◯

adaptbana02.jpg


この件、こちらでも里親さん探しに活動中です。
ねこしゃんしゃん3

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

同じく・・

木のスプーン&フォークをずっと探しています・・
スプーンはホントに難しいですよね。
長さをちょっと短くとは、さすがですね。
ほんとにそう・・短めのスプーンは使いやすいのよね。
コンソメをすくって口に入れた時のお話に、思わず「そうなのよ!」と口を突いて出たわ(笑)
アタシはまだスープスプーンは見つかってないから、コンソメはマグカップに入れて、すすってますわ(爆)
持ち手の先端が薄いのが何故か好きなんですけど・・なかなかないんです。
真っすぐじゃなくて少しだけカーブしてるのがイイナって思ってるんですけど・・

でも、この一番上のスプーンは素敵ですね!
色もいいし・・細くなった先端に向けてのカーブが口触り良さそうですね・・

ノームさん

わぁ、ノームさんもお探しでしたか……。
一概に木と言っても、スタイルいろいろ、材質いろいろ、作り手の姿勢や志向いろいろで、ぴたっと来るものに出合うのは難しいですよね。

コンソメのところ、同意していただいて嬉しいです(≧▽≦)
わたしにとっての重要ポイントなので。

持ち手の先端が薄い……それはなかなかないですねぇ。
カーブも少しだけとなると、かなりピンポイントなイメージですよね。
注文して作ってもらうとか、自分で削ってしまうとか。
手元に来るまではまだ時間がかかるかもしれませんね。

一番上のは、使い勝手がいいですよ♪
民芸品みたいな、いかにも手作り風、でないところが気に入っています。
ただしこれは、スープには向きませんけどね。
プロフィール

風の宝瓶宮

Author:風の宝瓶宮
 20年以上暮らした関東から撤退し、瀬戸内海近くに移住。

 あるときから美しいノラ猫が家にいりびたるようになり、猫界のためと不妊手術を受けさせてから家猫となる。
 性別がわからないまま「にゃん吉」と呼び習わしていた、実はメス猫(現在4歳)と同居しています。キジトラ白なのかサバトラ白なのか微妙な黒茶の背中と長いしっぽが目印。

 その後、里親募集にて生まれて2か月弱のオス(現在3歳)が隣県から来てくれました♪ トルコのお酒、Raki(”ライオンのミルク”)から名づけて「ラク」。薄い茶トラ柄と金色の瞳の持ち主です。

 懸念の”先住猫 vs 新入り問題”はたった3日で解決、なんともラブラブな2匹となりました。

 2010年夏、現れたのが多美ちゃん(メス)と大ちゃん(オス)の双子台風。
 まず、里親募集の三毛猫ちゃんの写真に一目惚れ。お見合いをしたところ、天性の”人たらし”大ちゃんのオーラにもヤラレてしまい、2匹まとめて来てくれることに (≧▽≦)
(現在2歳。とあるドラッグストアに捨てられていた兄妹を保護主さんが引き取ってケアをし、「肉球生活向上委員会 With Wan」さんの仲介でわが家へ)。ちなみに多美ちゃんが三毛ちゃんで、大ちゃんはサバトラかな。

 あれよあれよという間にちびっこギャングのペースに巻き込まれた先住猫たちとは、なんと正味10日くらいでなめあう仲になっていました♪

 これでわが家の里親計画はひとまず完了……のはずが、断りきれない人づてに、2012年6月17日に、サビ以上黒未満の微妙柄のお嬢さんが登場。2012年4月末生まれで、現在2か月。
 父の日に来たからチーちゃん(またはチーチー、本名・千恵子)と名づけられました♪


☆このサイトはリンクフリーです
ご連絡不要です

☆商用目的での文章・画像の転載・複写はご遠慮ください

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ぼしゅうして〼 @町田
町田にゃんず 応援ちう
ねこしゃんしゃん3
ぼしゅうして〼
あなたならどうする
いつでも里親募集中
ブロとも一覧

shiromedakaちゃんGO!GO!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りサイト♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。