FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き抜くために。

 東北では今日は、雨や雪も降っている様子。
 どうか持ちこたえてください。


 関東の北部など、最初の大きい地震ではあまり被害がなかったものの、たび重なる余震で、瓦が落ちたりガラスが割れたりして、あとからダメージが増えているところも多いようだ。
 どうかどうか、お気をつけて過ごしてください。

 福島第一原発では、必死の作業のなか、福島近隣の方々は避難したり屋内待機したりの指示が出されているが、さまざまな風評が流れ、何をどうしたらいいのか決めかねている人も多いようだ。

 このところテレビなどマスコミが「◯◯シーベルトだから安全」などとよく言っているが、この数値はほとんど参考にはならないという。
 その値が、測定した瞬間の量なのか、1時間の被曝量になるのか、その量を1か月、1年浴びても影響はないのかなどにまったく触れないからだそうだ。

 ”専門家”が、「レントゲンの被曝量とは比較にならないほど少ないから大丈夫」などと言っても、レントゲンは技師によって管理されているうえ、ほんの数秒のこと。
 空気中にあって、つねにさらされることになる放射線量とは、最初から比べられる条件ではないという指摘がある。

 そのため、中部大学の武田邦彦教授は、自分で計算してみることを勧めている。

 武田教授のブログを読んでいて、新たに知ったことはいろいろあるが……。

 少量の放射能であれば、けがや軽度の病気などと同じで、免疫力を高めておくことと、被曝場所から安全な場所に離れて身体を休ませることで、受けた損傷を治すことができるという。

 ならば、たとえば東京近辺などの放射能の量が少ない(←現時点で)場所にいるなら、免疫力を高めるといわれている、バランスのとれた食事や軽い運動などを続けることで、肉体へのダメージは防げるということ。

 これは朗報だ(^^)


 しかし、ともかく、何と言っても……

 福島第一原発での放水作業により、少しでも早く冷却が進まなければ、近辺の汚染は進み、風と雨に乗って汚染される区域は広がる。

 もしそれができないのであれば、政府は一刻も早く決断し、チェルノブイリのようにコンクリートで封印して、冷却したのちに処理をする作業にとりかからなくてはならない。

 でないと、次第に農作物や水に影響が出てきて、それを体内に取り込むことによって、外から付着した放射性物質ならば「はらえば落ちる」「洗えば落ちる」のと違って、体内から被曝してしまう。


えと こーゆうふうに 放射能を押さえ込む、と
ん? なんか間違ってますかしらオレ

201103182355000_20110320132053.jpg


 もっと言えば、日本各地に建設されている原子力発電所について、今回の大地震&津波といった、予想を超える危機への対策を強化するよう、考えていく必要がある。

 たとえば、各原子力発電所に、危機下でも機能できるような自家発電施設を併設することを義務づけるなど。

 基本的に原発(特に、地震大国に設置するという無謀)には反対なのだが、この地図を見るかぎり、すでにこんなにできているのであれば、どうにかして安全な道をつけるのが先決だろう。


安全でなくちゃ
この子たち ぐうぐう寝ることもできないってことでしょ

201103190941001.jpg


 被災地のニュースを聞き、被害を受けていない地域にいて、平常心を保つように努力しながらプラスの方向へと思いを向けることしかできないのがもどかしいけど……。

 というより、普段通りの生活ができるということに、これほど感謝したことはないけど……。

 暗くなっていてはいけない。
 悲観的な日々にしてはいけない。
 日本全体のことを、そしてこれから先のことを考えていかなくちゃ!


何といいますか シンプルな旨い飯
これが幸せのモトですなぁ
ピーマンとニラばっかりのグリーン炒飯 カレー風味
みんな がんばれ

201103191535000.jpg



☆ ☆ ☆ ☆ ☆

<お願い>
町田の猫たちが路頭に迷わないように、応援中。

この猫たちは、6月末日に、住んでいる家を退去させられます。
里親さん探しに期限ができてしまいました。

どうかご協力ください。

しっぽの生えた天使からのSOS


adaptbana02.jpg


この件、こちらでも里親さん探しに活動中です。
ねこしゃんしゃん3

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

今回の原発の事件で私も
「あれ?いつのまにこんなに原発が日本にあったの?」と改めてびっくり。
地震大国なんだからそれなりに
想定以上の事を考えて作っているものだと思っていたけど
案外ヤワな感じでさらにびっくり。

日々、色んな情報が飛び交いハラハラしてるけど
早く落ち着きたい・・・。

今回も風さんご飯は超美味しそう~!
見ただけで元気が貰えるわ♪

同感です!

ここに来るとホッとします。
「シンプルな旨い飯」・・そうなんですよねー
全く、この一言に尽きますよね。
アタシね、最近ハマっちゃってる炒飯があるのよ。
山茶を四国から取り寄せてるんですけど(もしかしたら風さまのお近くかも)
届いたお茶の中に手描きの一筆箋が入っていました・・
「このお茶は何も手を加えない自然の中で育った実生の山茶です。お茶を飲まれた後のダシガラを、ぜひ食べて頂きたいです。サラダやおかゆなど、とても美味しいです」
・・とありました。
アタシ、ダシガラを冷蔵庫に取りためておいて、ちりめんじゃこと一緒に胡麻油で炒飯にします。
玄米ご飯との相性が最高に美味しいです。

オット・・思いだしたわ!
昨日ね、切干大根を炊きましたが、檸檬の塩漬けを細かくカットして一緒に炊いてみたんですよ。
まぁ~~美味しい事!!ぜひ、お試しください。
檸檬の塩漬けは種を取って、皮も実もすべて刻んじゃいます。
苦みはなく、かすかな酸味と檸檬の香りがします。

shiromedakaさん

そうそう、
>「あれ?いつのまにこんなに原発が日本にあったの?」
って思うよね!!

大きな地震があれば、海沿いなら当然津波も来るんだから、すべての原発に、大規模な自家発電くらい標準装備しておかないとだめじゃん! と切実に思ったわ。

とにかく……。
大げさな情報と、「心配ない、安全」という抑え過ぎな情報のどちらにも偏らず、常識的に落ち着いて暮らすことが一番大事だと思います☆

そのためにも、普通のシンプルご飯をたんたんと作っている風家でした(^^;)

ノームさん

ノームさんちの窓ガラス、その後いかがですか。
テープを貼ってしまえば、当面は平気でしょうけど……。
山形からのお米も届いたとのことで、びっくりびっくりです。

あ!
うちにも、ばんばら茶っていう山茶が常備されてますよ♪
この茶殻、わたしも「生命力のかたまりなのに、もったいないなぁ」と思っていて、取っておいてはお粥なんかに入れていました。
ちりめんじゃこと一緒に炒飯はおいしそう!
真似させてもらいますね。

切り干し大根にレモンの塩漬け(@_@;)
それは……予想もしていなかった展開です(笑)
先日は、味噌煮込みうどんに柚子の塩漬けを入れて「うんま~」だったのですが、大根と檸檬も合いそうな気がしてきました。
ありがとうございます。

No title

こちらでは久しぶり☆
私も地震をキッカケにブログ復活しました。
原発も気になるんだけど、とりあえずわたしは動物救援情報発信中です。

それにしても、福島、栃木、群馬、茨城(もだっけ・・?)辺りの農家が気の毒で仕方ない。
漁業も大変なことになりそうだし、風評被害が本当に気になるよ。
原発が落ち着いても、風評被害はしばらく収まらないだろうし・・・。
とくに福島は地震、津波、放射能とトリプル被害だよね・・・。
本当になんとかしてあげないと、自殺者多数出るのではないかと思う。

日本カモシカさん

おお☆ ブログ復活したんだ~♪
世界各地のみなさんが、日本カモシカfamilyのことを心配していたと思うので、よかったー(^^)!!

今回の大震災で、今までの静かな生活がいかに貴重なものだったか、再確認しました。
いざというとき、にゃんずを連れてどう避難するか…など、いろいろ考えるよね。
日本カモシカさんちはベビーカモシカちゃんもいるから、早く彼女が成長して、1匹はおぶってもらわないと(笑)


東北があらゆる面で打撃を受けている今、やっぱり西日本から支えていくしかないと思う。
放射能対策、そしてどこで起こるかわからない地震大国日本の次の大地震に備えることと合わせて、たくましくなるべき時。
福島には、世界から関心が寄せられています。
これからの安全確保、産業の見通し、生活を具体的にどう続けていくかなど、課題は山積みだと思うけど……。

津波と地震を超えて生き残った人々は、どんなに大変だとしても、ほかの家族が全員亡くなって虚無的になっているとしても、意味があって得た命なのだから、何とか人生を生き抜いてほしい。
そのために、できる限りの応援はしたいです。
プロフィール

風の宝瓶宮

Author:風の宝瓶宮
 20年以上暮らした関東から撤退し、瀬戸内海近くに移住。

 あるときから美しいノラ猫が家にいりびたるようになり、猫界のためと不妊手術を受けさせてから家猫となる。
 性別がわからないまま「にゃん吉」と呼び習わしていた、実はメス猫(現在4歳)と同居しています。キジトラ白なのかサバトラ白なのか微妙な黒茶の背中と長いしっぽが目印。

 その後、里親募集にて生まれて2か月弱のオス(現在3歳)が隣県から来てくれました♪ トルコのお酒、Raki(”ライオンのミルク”)から名づけて「ラク」。薄い茶トラ柄と金色の瞳の持ち主です。

 懸念の”先住猫 vs 新入り問題”はたった3日で解決、なんともラブラブな2匹となりました。

 2010年夏、現れたのが多美ちゃん(メス)と大ちゃん(オス)の双子台風。
 まず、里親募集の三毛猫ちゃんの写真に一目惚れ。お見合いをしたところ、天性の”人たらし”大ちゃんのオーラにもヤラレてしまい、2匹まとめて来てくれることに (≧▽≦)
(現在2歳。とあるドラッグストアに捨てられていた兄妹を保護主さんが引き取ってケアをし、「肉球生活向上委員会 With Wan」さんの仲介でわが家へ)。ちなみに多美ちゃんが三毛ちゃんで、大ちゃんはサバトラかな。

 あれよあれよという間にちびっこギャングのペースに巻き込まれた先住猫たちとは、なんと正味10日くらいでなめあう仲になっていました♪

 これでわが家の里親計画はひとまず完了……のはずが、断りきれない人づてに、2012年6月17日に、サビ以上黒未満の微妙柄のお嬢さんが登場。2012年4月末生まれで、現在2か月。
 父の日に来たからチーちゃん(またはチーチー、本名・千恵子)と名づけられました♪


☆このサイトはリンクフリーです
ご連絡不要です

☆商用目的での文章・画像の転載・複写はご遠慮ください

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ぼしゅうして〼 @町田
町田にゃんず 応援ちう
ねこしゃんしゃん3
ぼしゅうして〼
あなたならどうする
いつでも里親募集中
ブロとも一覧

shiromedakaちゃんGO!GO!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りサイト♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。