スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も、オヤジなわたし。

 昨日は、所用があって街に出た。

 電車を乗り継いで、久しぶりにデパートがあるような場所に行くと、人が多くてめまいがした

 関東にいた頃は、神保町やら田町やらの人口過密地域に毎日通っていたけど、今思うと、あれは大変なことだったなぁ。自然に反しているというか。
 みんな、疲れていて当然だよね。


人がわんさか? しかも 知らない人ばっかり??
大変じゃない風 走んなくちゃ すごい狩りだったわね

201201072129001.jpg


 こんな戦場(!)まで出てきて、から手で帰るわけにはいかない(笑)。
 デパートではめぼしい催し物はなかったので、地下の食品売り場へ。
 スーパーにはない、ステキな食材があるに違いない♪

 お刺身は(高かったけど)新鮮そうなものがいろいろ。
 ただ、地元のスーパーでも、そこそこのものは揃うので迷っていたら、目が合いましたキツネガレイ」(全国的な名前なのかしら?)。
 活きがよさそうな美しい切り身、しかも子持ち。島根産。天然もの。
 本当に美味しそう
 2切れで800円もするけど、「煮魚に最高!」って書いてあるし、ええい、お正月だ(まだ)☆


 ……買ってから気がついたけど、煮魚は何年も手がけていない(爆)。
 でもまぁ、食べたいんだから、何とでもなるでしょ


 お休みだから早めに入浴することにして、入る前に準備。
 陶板皿に水を入れ、酒をたぷんと足し、麺つゆ少々。
 味見をしたら薄かったので、塩を加える(風地方では、醤油色はあくまで最小限、が原則なのです)。
 ガス火にかけ、沸騰させ酒のアルコールを少し飛ばして、静かにキツネガレイ投入。
 数分間だけクツクツさせたら、蓋をして、火を止めた。
 お風呂の間に、カンタン余熱調理で参りましょう


 上がったら、いい感じに火が通っていた……。
 と思ったら、身はいいんだけど、卵が生っぽい。
 取り出した卵に少し熱を通してから火を止め、再び蓋をしてしばらく置く。


 できました~(≧▽≦)


これでパックの1/2ですよ~ もう一切れ、楽しみが残っているのですよ~
201201072104000.jpg


 見かけは普通の(しかも薄味っぽい)煮魚でしょ?
 これが、

 夢のように美味しかったの

 身はふっくらみずみずしく、卵はさっくり、加熱を最小限にして冷ましておいたせいか、味がほどほどに染みているのに、カレイの旨味はそのまんま

 「な~んだ、煮魚って簡単じゃん!」という驚きと、「これほど美味しいものを食べられて幸せ!」という感激がないまぜになり、最近なかったほどの高揚感に満ちた食事となった。

 にゃんずも興奮して寄ってきたので、醤油味がしみていない中心部を少しずつおすそわけ。
 4匹とも、喜んでもらってくれました(^^)

 この美味しさが、魚の高品質によるものなのか、あるいは他の作用(陶板皿というツールとか、わたしの腕とか)によるものなのかを検証すべく、しばらく(もしかしたら)煮魚に凝ることになるかもしれない(笑)。



 あとは渋めのご報告(煮魚も十分渋いか……)。

 通りかかった総菜屋さんの店先に、たくさん積んであった太巻きとこれまた目があって買ってみたら、控えめな味つけでとても美味しかったのでゴキゲンだった、繁忙期の最終日。


卵焼きまで塩味 酒飲みの人が作ったのかも
201201072028000.jpg



 そして、お正月に仕込んでおいた「大根の甘酢漬け」がなかなかよかった♪
 薄めの味なので、サラダ感覚でどんどんいける。


白砂糖が切れていたので ざらめでやってみた
白砂糖ならまた違う味になるかもしれない

201201061355000.jpg


 ご参考までに、オリジナルレシピを。

大根の甘酢漬け
大根 1kg
塩  30g(3%)

大根を厚さ2センチくらいに切り、容器に並べて塩を振る。
重しをして一昼夜~1日塩漬けにする。

水が上がってきたら塩水を捨てて甘酢を加え、クチナシの実を2個くらい入れて重しをする。

 甘酢
・砂糖 100g
・酢  60cc (加熱して溶かし、冷ましておく)

1~2日で美しい黄色になり、美味しく食べられる。



 クチナシはないので使わなかったら、白たくわんができた。
 そのせいかどうか、はからずも風の出身地、岩国市では有名な漬物屋「うまもん」の「大根の甘酢白たくあん」に酷似した味になった。

 ただ、好みでいえば、もう少し塩が勝ってもいい感じ。
 次回は下漬けのとき塩を4%にするか、甘酢の砂糖を少し減らすかして実験してみよう
 それから、2センチの厚みで切っておくと、歯ごたえ十分でパリポリ気持ちがいいのだが、数切れでお腹がいっぱいになる。
 もう少し薄くてもいいかもしれない。
 あるいは、切らないまま漬けて、あとから好みの厚さに切るとか。

 シンプルな浅漬けなのに、いろいろ実験することが出てきて、面白い


 てなことで、七草粥も忘れて、煮魚に興奮していた一日でありました。



 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

里親募集

 8匹の家猫がありながら、街の猫スポットでのえさやりも欠かさず、そうして関わりのできたノラ猫にはすべて不妊手術をほどこしてきた、広島在住の保護主さん。
 親しいお友達が交通事故で亡くなり、遺された13匹のにゃんずにも、きちんと里親さんを見つけつつあります。
 今回、街で面倒をみている猫の中でも、人なつこい子や小さい子数匹の里親を探しているそうです。
 里親募集の面々を整理して写真を撮ったら、こちらにもアップするお約束なので、猫好きの皆さま、どうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

これマイッタなぁ

今夜の晩酌は何にしようかと・・台所で考え中。
この時間に見るべき肴じゃないわ(-_-;)

2切れで800円とは豪勢なお値段だけど・・そんだけ美味しかったのなら良い買い物だったわね☆
キツネガレイ・・初めて耳にするけど・・
卵サックリってのが風さまが上手に料理した証よね!

恥ずかしながら、アタシは煮魚は過去1度だけ・・それもカラスガレイで。
その時、カレイは、煮崩れてドロドロになっちゃった昆布がまとわりついてキタナラシイルックス・・
煮過ぎで、卵ぬちゃぁ~・・でした(-_-;)

コトって煮て保温を繰り返したのが勝因だった?
スープも澄みきってて美味しそうねぇ・・・・・・

大根の甘酢漬けなんだけど、佐藤さんレシピは、4%の塩で下漬け後、やはり水はすべて捨てて、ザラメと酢は同量でした。
下漬けの時の重石が重いほどカリッと漬かると言ってました。
酢とザラメになってからは重石をすごく軽くするんだって。
あ、それから、大根⇒ザラメ⇒大根⇒ザラメと段々重ねにして、最後に酢を容器の脇から注ぐって。
アタシもレシピ通りに作ったらすごく美味しかったのでご参考までに。

しかし、カレイ煮付け・巻き寿司・大根甘酢・・
この渋めの絵・・なんとも心が和むわね。
お正月らしいおやじ晩酌に乾~杯・・ですナ☆
食卓の向こうに、恋する男がいたら・・最高なのに

ノームさま☆

ウフフ……「美味しそう。煮魚で食べたいな♪」と思ったのには伏線があったの。
愛用している陶板皿を作った作家さんが、実に簡単そうに、ちょくちょく煮魚を作っているのよね。
http://blogs.yahoo.co.jp/yuukobiyori/folder/1574017.html?m=lc&sv=%BC%D1%B5%FB&sk=0
だから、何の迷いも気負いもなく作ってみたのが、かえってよかったのかも(≧▽≦)
同じものをお店で食べたら、絶対に倍以上するわよ~(笑)

でね、煮汁まで素晴らしかったから、〆で五島うどんを茹でて、からめて食べました。
これがまた! 絶品の旨さ!!

新鮮な魚を煮る場合は、火が通ればいいという感じがしました☆
カラスガレイの失敗は痛かったね……i-240
次は厚い鍋で、沸騰したらすぐ火をとめて置いておくくらいでいいかもi-234
しかも、出汁は魚から出るから、醤油とお酒、甘みがほしければみりんくらいで大丈夫そうi-179
(たった一度の大成功なので、教えられる立場でもないんだけどi-229

佐藤さんレシピは、4%の下漬けなのねi-190
次回はそれでやってみる。
ザラメは溶かしておくのじゃなくて、段々にするのかぁ。
なら、けっこう大量に作るってこと?
時間的にも、作って結構もつってことかな?
3%の大根漬けは1週間くらいで食べ切ったけど、終わり頃はちょっと味がぼけてたから、本当に浅漬けって感じ。佐藤さんレシピはもっと大丈夫なのかな?

> 食卓の向こうに、恋する男がいたら・・最高なのに
あはは~i-237
まあねぇ。
でもまぁ、あるがままで、自然にいきますわi-184
独り晩酌でも、猫たちが入れ替わり立ち代わり相手をしてくれてることだし(爆)

No title

なんだか すっかり遅くなっていますけど^^;
明けました!!!よろしく お願いいたします^^

嗚呼 にゃんて 美味しそうにゃんでしょう♪
煮魚♪ きっと 腕も素材も バッリグウ~~~~だったんでしょうね(^^*)

七草粥 嗚呼 一応 食べましたが 他のものも食べ過ぎて 粥の意味なしですの(^^;

土鍋☆

風さま、ありがとー☆
ウチに使いこなしてない土鍋があるから、今度それでやってみます!
陶芸家の土鍋、なんかワイルドでかっこいいわね~♪
コトコトしたら後は余熱っていうのがなるほど納得です。
山椒の実の塩漬けや佃煮が冷凍庫に入ってるから、鰯を煮てみたい☆

佐藤さんの漬け方は、大きな樽なんだけど、アタシは簡易漬物器でやって、その後、ジプロックに入れて冷蔵庫保存なんだけど、もう1ヵ月経過したのに、カリッとしてて味が馴染んですごく美味しいよ♪
ザラメとの段々重ねは、量が少なくても、そうした方が良いと思う。
平たい容器じゃなくて、縦長の器にした良くないか?

花あじさいさん

すっかりすっかり遅ればせながら……i-239i-201
明けました~おめでとうございました~(≧▽≦)
今年もどうぞよろしくお願いいたします☆

まぁi-190花あじさいさんてば、酔心 小出義明料理学校に行ってらしたのですって!
わたしのオヤジ料理なんぞとは一線を画しておられますわ!!
それでも、この島根産キツネガレイは、わたしの中では本年度ベスト1(ってまだ1か月も経っていないけどi-229)です(笑)

出雲蕎麦もいいですわよねぇ……。
ずっと前、仕事場の近くにあった出雲蕎麦屋(神田ですが)にはよく行っておりました。
小ぶりの丸盆が重なっているのがまた素敵でi-233
また食べたいな~i-175

ノームさん

厚い土鍋で煮鰯、さぞ美味しくできると思いますi-277

佐藤さんの漬け方、1か月経っても美味しいのねi-234
あとねぇ、が さんのブログで見て、がぜん白菜の塩漬けも作りたくなってるのi-237
冬の白菜って美味しいものねーi-194
もちろんカブも大根もねi-189

こうしてみると、常備菜やお漬物ってほんとに大事だなぁとしみじみ思った!
何もなくても何かある(^^)っていう、日常の基本ができるものね。

縦長の器ねi-190
理想のぬか壷もだけど、取り急ぎ、冬野菜が美味しいうちに漬けられる簡易容器を見つけてこよう。
重石は、小鍋に水を入れるなり何なりしてできるもんね☆

うまもんは家で作れる。

大根の甘酢漬け、はじめに塩漬けにするといいんですね。
たしかに砂糖と酢だけでは甘すぎる。
ウチで最初に作ったときも、これうまもんと変わりないってことで買うのをやめて作り続けてます。

こんどの日曜に大島で味噌作りします。
秋生農園の忘年会で知り合った養鶏家宅にて、大豆は自家製、米麹は福井県産の生麹とのこと。
なにしろ去年仕込んだ味噌が絶品なので一も二もなく習うことにしました。

漬け物も奥が深くておもしろい!

No title

東京は神田の出雲蕎麦屋さんは もともと島根の大社町出身の方が 始められたお店で 我が 出雲そばりえの会(って会の会員なんです^^;私と主人・・・・笑)が 出してる冊子にも 紹介されています。
本格的な 出雲蕎麦屋さんですよね!!

taotaoさん

> 大根の甘酢漬け、はじめに塩漬けにするといいんですね。
そうそうi-236
ほかのお漬物もそうみたいで、そうすることで余分な水気が抜けてカリッとおいしくもなるし、漬け汁の味もよく出ます♪

taotaoさんも、「うまもん」風の味が出ましたか(笑)
大根漬け、簡単なのに美味しいですよね。
わたしも作り続けそうです。

そりゃそうと、やっと仕込んだ塩麹(伏木レシピ)は、10日以上経つのに、なかなかもったりしません。
数日前から甘酒に似たよい匂いになっているのですが、味見してみると、米粒がまだ硬いのです。
寒いからでしょうか……i-227
これで、米粒が柔らかくなれば冷蔵庫にしまう、という段取りでいいのかしら?

> こんどの日曜に大島で味噌作りします。
味噌作り!
すばらしい。わたしの「いずれはやろうリスト」の筆頭です。
生きている味噌は美味しいですよねぇ……。
楽しんで、味噌づくりの実際を教えてくださいm(_ _)m

花あじさいさん

そうだったんですか!
関東によくある蕎麦屋さんとは全然違って、本当の出雲蕎麦だなぁと思っていました。
島根の地理には詳しくないのですが、大社町という名前からすると、まさに神様のお膝元ですね(^^)
出雲そばりえも太鼓判☆のお店だったのですねぇi-237

お蕎麦もしっかり香り高くて、具もいろいろ楽しめて……。
うずらの玉子とか、もみじおろしも好きでした~i-176

冬場の塩麹

この前塩麹の仕込み中、ボウルの内側にカビがきてしまった!
発酵を早めようとして台所のレンジの上に置きっぱなしにしていたのです。
たしかに冬なので発酵が遅くついあせってしまいますが、ある意味気長に様子を見たらいいと思います。
米粒がやわらかくなったら仕上がりですが、その後の湯せんについては伏木さんは本によって違うので迷ってしまいます。
私は今のところ最初の本にしたがって湯せんしています。

(湯せんの方法)
鍋に水をはり、ボウルごと入れて火にかけます。
15分を目安に温度計でボウル内が60度以上にならないように調節しながら、時々かき混ぜます。
鍋から出してそのまま放置して冷まします。ほこりが入らないように。
冷めたらタッパに移してフタはぴっちりせずに軽くかぶせた状態で冷蔵庫で保管。

湯せんはおそらく発酵の度合いを緩めるためでしょう。
伏木レシピは塩分量が控えめなので発酵が進みすぎるキライがあります。
豆腐の塩麹漬けは冷蔵庫に置き過ぎてアルコール発酵してしまいとても食べられませんでした。

今回の味噌作りでも感じましたが、の扱いは発酵食作りの要点です。
塩麹や糠漬けのように短期勝負のものと味噌のような長期勝負のものとで塩の使いようも変わってくる気がします。

taotaoさん

ありがとうございますi-197

レンジの上でカビが来てしまったのですか……i-230
生き物が相手ですから、温度調整は微妙なところですね。
うちにある伏木本では、湯煎をすることに全く触れていないので、なしで処理は進めていますが、したほうがいいでしょうか。

今回は、大きな容器がなくて、いくつかのガラス瓶に分けて常温放置していたのですが、瓶の形によって味や香りが違うので驚いています。
甘酒っぽい香りは共通なのですが、それに加えて、
(1)縦長の瓶→酸味が出た。
(2)もう少し短い縦長→香りがきつめ。
(3)口の広い短めの瓶→香りが柔らかで味も甘い。

(1)は酸味が少し不安なのと、(3)はもう出来たと判断して、冷蔵庫に入れました。
あとのはもう1日くらい置いて、様子を見るつもりです。
全体に米粒が残っていますが、玄米が混ざっているせいかもしれないし、傷むよりいいかと判断しました。

塩って大事ですよねぇ。
野菜など、塩をもみ込んで置いておくだけでも、発酵しておいしくなるわけだし……。
また展開があったらご報告しますね。
プロフィール

風の宝瓶宮

Author:風の宝瓶宮
 20年以上暮らした関東から撤退し、瀬戸内海近くに移住。

 あるときから美しいノラ猫が家にいりびたるようになり、猫界のためと不妊手術を受けさせてから家猫となる。
 性別がわからないまま「にゃん吉」と呼び習わしていた、実はメス猫(現在4歳)と同居しています。キジトラ白なのかサバトラ白なのか微妙な黒茶の背中と長いしっぽが目印。

 その後、里親募集にて生まれて2か月弱のオス(現在3歳)が隣県から来てくれました♪ トルコのお酒、Raki(”ライオンのミルク”)から名づけて「ラク」。薄い茶トラ柄と金色の瞳の持ち主です。

 懸念の”先住猫 vs 新入り問題”はたった3日で解決、なんともラブラブな2匹となりました。

 2010年夏、現れたのが多美ちゃん(メス)と大ちゃん(オス)の双子台風。
 まず、里親募集の三毛猫ちゃんの写真に一目惚れ。お見合いをしたところ、天性の”人たらし”大ちゃんのオーラにもヤラレてしまい、2匹まとめて来てくれることに (≧▽≦)
(現在2歳。とあるドラッグストアに捨てられていた兄妹を保護主さんが引き取ってケアをし、「肉球生活向上委員会 With Wan」さんの仲介でわが家へ)。ちなみに多美ちゃんが三毛ちゃんで、大ちゃんはサバトラかな。

 あれよあれよという間にちびっこギャングのペースに巻き込まれた先住猫たちとは、なんと正味10日くらいでなめあう仲になっていました♪

 これでわが家の里親計画はひとまず完了……のはずが、断りきれない人づてに、2012年6月17日に、サビ以上黒未満の微妙柄のお嬢さんが登場。2012年4月末生まれで、現在2か月。
 父の日に来たからチーちゃん(またはチーチー、本名・千恵子)と名づけられました♪


☆このサイトはリンクフリーです
ご連絡不要です

☆商用目的での文章・画像の転載・複写はご遠慮ください

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ぼしゅうして〼 @町田
町田にゃんず 応援ちう
ねこしゃんしゃん3
ぼしゅうして〼
あなたならどうする
いつでも里親募集中
ブロとも一覧

shiromedakaちゃんGO!GO!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りサイト♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。